ちょっと仏壇

「ちょっと仏壇」って何?と思われた方もおみえになるかと思います。ちょっと仏壇とは、お彼岸だから、御盆だからというのではなく、「朝起きた時」「就寝前に」など、日常の中で御先祖様や大切な人に「ちょっとお参りしたい」という気持ちを大切にしたお客さまのニーズから生まれた言葉です。

現代の住宅事情から見ても、核家族化が急速に進む中、また生活スタイルの洋式化が普及する中で、家の中に仏間を設けていない、マンションやアパートだからお仏壇を置く場所が無いといった方が、地方や都会を問わず少なくないのが現状です。

当社が独自に行ったアンケートの中の「お仏壇をどんな場所に置きたいですか?」との問いに、意外にも「寝室」や「玄関」という回答がありました。
これは、決してお仏壇やお参りする気持ちを軽視したものではなく、一日の終わりや始まり、出かける時や帰宅した時を見守ってほしいという「ちょっと仏壇」の心のあらわれだと思います。
宗派を問わず、小型で場所を選ばない、かつ洗練されたデザインと高級感溢れるたたずまい…飛騨春慶仏壇はそんな「ちょっと仏壇」の心を持った方々の思いにお応えできるお仏壇だと考えています。


このページのTopへ戻る。