飛騨春慶仏壇工房

仏壇工芸ほりおでは、木地、彫刻、塗り、箔押、組立に渡る仏壇製造工程の全てを自社で一貫して行っている飛騨地域では唯一の「手作り仏壇製造直販会社」です。
どの工程も優れた技術を持つ専門の職人が担当しており、高い品質のお仏壇をお客様に提供し続けています。

飛騨春慶仏壇 塗り工房

ほりおの塗り職人

仏壇工芸ほりおの製造部門を統括する工場長:奥原茂は、左官職人:挟土秀平氏とのコラボレーションで、ザ・ペニンシュラ東京の内装や洞爺湖サミットで使用された家具を手掛ける等、全国的に活躍の場を広げている現代の飛騨の匠です。
古くは江戸時代より伝わる飛騨の伝統技術が現在も仏壇工芸ほりおの工房で息づいています。


飛騨春慶仏壇 木地工房

ほりおの木地職人

木地においては、岐阜県知事表彰の卓越技能者にも認定された堀尾俊三を筆頭に造り上げます。
堀尾俊三は、国の重要文化財に指定されている高山の祭り屋台や社寺仏閣等、これまで様々な修復も手掛けてきた現代の飛騨の匠です。
飛騨春慶仏壇では、塗りの厚みを考慮して木地をつくらなくてはならないなど、技術と経験がものをいいます。


このページのTopへ戻る。